大阪発。N.Y.出身サックス&フルートプレイヤーの書く日記。

PAUL FLEISHER SAX PLAYER

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
NATURE BOY 発売記念ライヴ
NATURE BOY の発売記念ライヴが11月21日から
関西、東京6箇所で本格的にスタート。
3月の録音をして約8ヶ月目に全国の店頭に
並ぶ。実に色々な方のご支援を受けました。
インターネットでも各shop で
取り扱っているのでPaul Fleisher Nature Boy で
検索して是非ご購入下さい。
ライヴ会場ではミュージシャンによるサイン会も
行います。当ホーム・ページのスジュールを
ご覧下さい。クラブライヴへお越しの方は
その前に梅田「ワルテイ堂島」「JEUGIA」のインストアライヴに
お越し下さい。
CDをお買い求めの方にはクラブライヴのソフトドリンク券を
差し上げます。

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

| LIVE info.[ライブ情報] | 09:18 | トラックバック:0 | コメント:0
Marshall Brown Studio NY
Marshall Brown had a studio on west 72 ed st in
Manhattan.
It consisted of a large rehearsal room and a small
back room where John LaPorta my teacher, taught
saxophone. the year was 1961.

I remember being there when Benny Goodman was
rehearsing for an upcoming tour of Russia.
Zoot Sims was playing lead tenor. He was one of my
heros. He was a great musician,and a kind hearted
soul with a a wonderful sense of humor.
Marshal Brown also directed the Newport youth Band .
Ronnie Cuber
was playing the barri chair. His Influence turned me
into a barri saxophonist.

日本語訳
1961年NYにあったマーシャル・ブラウンスタジオの思い出:
ベニー・グッドマンがロシアツアーのためのリハーサルをしていたのを
覚えている。私の英雄、ズート・シムがテナー・サックスを吹いていた。彼は偉大なミュージシャンであるし心の広いユーモアのセンスを
兼ね備えた人だった。マーシャル・ブラウンもニューポート青年バンドを指揮していた。ロニー・キューバーがバリトンサックスを吹いていたが彼の演奏に私は影響を受けた。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

| 未分類 | 08:52 | トラックバック:0 | コメント:0
発売記念ライヴ
11月20日日本版「NATURE BOY」の発売を11月20日に控えて
12月の一連の発売ライヴに先駆けて
11月7日ラグタイム大阪で発売ライヴを行ないます。
(ベースを除く)メンバーが揃っていますので
サインなども致します。録音にまつわる曲のエピソードなども
お話できればと思います。
一人でも多くの皆様に来て頂いて応援して頂く事を願っています。
| LIVE info.[ライブ情報] | 11:40 | トラックバック:0 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Paul Fleisher

Author:Paul Fleisher
Sax and Fluit Player at Osaka Japan.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。